2012年10月10日

お酒に合う塩辛、酒盗(カツオの塩辛は酒肴に打ってつけ

最高の酒のつまみ

塩辛でイカの次にポピュラーなのが、カツオの内蔵の塩辛
つまり「酒盗」。焼津(静岡県)、高知など、カツオが水揚げ
される土地では、かつお節やなまり節をつくる際に残る内蔵を
原料に、酒盗が作られている。また、高知では、従来の酒盗の
他に、カツオの胃腸だけを調味加工した「飯盗」という塩辛もある。
酒盗の起源について、くわしくはわかりませんが、この名前は
かつて土佐、山内家の代十二代藩主、豊資候が土佐清水で
「これはよい、これだと酒がいくらでも飲める」と言っいたことから
つけられたと言われています。

050627.jpg

katsuoshutou.jpg



posted by 教えたがり屋 at 16:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。