2012年10月05日

お酒に合う塩辛、珍味、焼き「ぶっかけ」 お酒に合う塩辛、珍味「焼きぶっかけ」

漁師料理に「サンガ」というものがある

これは、アジやイワシ、サバなど背の青い魚にネギ、シャウガ
青じそ、などと味噌を加えてたたき、フライパンや焼石の上で
焼いたもの。「ぶっかけ」*昨日、話した珍味のこと、
は、生で食べても十分旨いがこのサンガのように焼いてみると
ちょっと変わった焼きイカというか、なかなか乙な味になる。
味噌が焼ける香ばしい臭いと、イカのキモの味わい深いコク
ダイナミックな歯ごたえを味わえる。焼き「ぶっかけ」を
楽しみたいのなら、一週間くらい漬け込んだものを焼くように
する。

fff5e143159a2acaa462eb8ce1fa1977.jpg

images.jpg

人気ブログランキングへ
posted by 教えたがり屋 at 16:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。